FC2ブログ
昨日注文したCDが、お昼ぐらいに届き、
早速iTunesに入れて聴き始めた。

届いたCDが5枚、
Fruitcakeが3枚、Mezzoforteが2枚、
全て心地良い80年代フュージョン系の楽曲。

しかし、午後の間、順番にずっと聴いていたら、
さすがに夜には、なんとなく、
心身ともに、飽和状態になった。

例えるならば、
美味しいものを食べ過ぎて、
体調が悪くなった感じ(笑)

乱暴な言い方をすれば、
どれも同じような曲である。

飽きるのも仕方ない。

いや、これは、音楽に罪はなく、
100%、ぼくの過ごし方が悪いのだけれど。

せめてドライブしながら聴くとか、
そういうのなら、いいんだろうけど、
部屋で、パソコンの前に座ったまま、だから、
ますます、不健康な状態だったのだろう。

そもそも、CDを大人買いして、
一気に物欲を満たしてしまうことに、
問題があるんだよね!


まだ、中学ぐらいの頃、
アルバムを購入するのは、
一カ月のこずかいの、
ほぼ全額を投入するに等しい行為だった。

従って、購入するときは、
清水の舞台から飛び降りるような決断をしていたし、
購入した後は、擦り切れるまで聴いた。

そういうアルバムたちは、
ぼくの心の中に、しっかりと根付いて、
あの頃の世界観の一部になっていたし、
多分、ぼくの土台の材料にもなっており、
そのためか、未だに、聴きたくなる音楽たちだ。

例えば、先日購入した、
ポールマッカートニーの
バンド・オン・ザ・ランは、
ぼくの歴史の中の、
中学校2年生という特殊な時空を辿る際に、
なくてはならないものだ。

では、ぼくが80歳とかになった時、
今の40代を辿るための音楽として、
何が浮かび上がるのだろう?

大人買いの結果、アルバムを聴き込むこともなく、
たまに聴き込んでいる音楽は、
実は、過去の回顧ばっかり。

今を代表するような音楽って、
実は、あんまり聴いていないような気がする。

強いてあげるなら、
ヒーリングミュージックかな?(笑)

ヒーリングミュージックは、
ここ数年聴き始めたものなので。

あとは、古いけれど、最近初めて聴いた、
高中さんの楽曲、とかかな?


特定の音楽を聴いて、
その当時にタイムスリップする、という経験は、
誰でも、したことがあると思う。

ぼくは、どの時代も、
タイムスリップ出来る音楽で、
構成したい、と考えているのかもしれない。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie音楽