--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

放射性廃棄物のチリが飛んでいるということで、
なるべく外気を入れないようにしていたら、
風呂場の入口の壁に、カビがはえてきた (>_<)

閉め切っているので、湿気がたまり、
カビ繁殖の条件が整ったらしい。

そこで、壁に付いたカビを拭きとった後、
自家製の防カビスプレーをこしらえて、
散布してみた。

これをしたのが、先週の土曜日。
それから、一週間経っているが、
カビの発生は抑止されているようだ。

ということで、
これは効果的だったように思う。


【自家製防カビスプレーの作り方・使い方】

水に、ねりわさびを溶かす。
量的には、1リットルに、
チューブで5センチ分ほどの練りワサビを投入

 # これで飽和してしまったので、
 # もう少しワサビの量は少なくてもいいかも?

わさびを溶かした水を、スプレーに入れ、
防カビしたい所に、吹き付ける。


そもそも、市販の化学薬品のような、
防カビ剤を、閉め切った部屋に使うのは、
あまり身体に良くないはずだ、というのが、
自作に走った理由。

わさびは、食べ物なので、
化学薬品よりは、安全なのではないかと。

 # それでも、気になる方は、
 # チューブわさびよりは、
 # 天然ものの方が安全かもしれません。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。