FC2ブログ
2011’05.21・Sat

銀座で便所虫を歌う

震災以降、ぼくは通勤のコースを変更した。

震災前のぼくの通勤経路は、
地下鉄有楽町線(月島駅下車)がメインだったのだが、
もしも、東京に直下型の大地震が来て、
地下鉄の構内が壊れ、地上に出れなくなったら、
怖い、と想像してしまったからである。

特に有楽町線は、埋立地の下も走っているので、
大きな揺れで亀裂が入ったり、津波が起きたりして、
東京湾の水が入ってきたら、
まず助からないだろう、とか、
結構な妄想を膨らませた結果でもある。

 # スピリチュアル的には、
 # こんな妄想を膨らませる必要はないんだけど(笑)

ぼくの知ってる中で、地球上において、
地震により地下鉄の路線が破壊され、
水が溢れて来た、という事件は聞いたことがないので、
かなりの取り越し苦労だ、
というレベルのものであることはわかっているのだが、
最近、何が起こっても不思議ではない、
と思えることばかりなので、
今のところ、代替路線を使えるときは、
地下鉄は使っていない。


例えば、朝の通勤では、バスを使う。

これは、有楽町駅から仕事場まで、
頻繁にバスが通っており、
これにより地下鉄を利用せずとも良く、
かつ、仕事場の前にバス停もあるので、
大変に便利なのだ。

東京では、都バスというものが運行されている。

ぼくは、滅多にバスを使うことなどなかったのだが、
震災の際にも動いていたバスをみて、
地上の交通手段の一つとして、
これは、有効だなあと思ったわけで、
そう気付いた途端に、頻繁に乗るようになった。


大抵の場合、ぼくはここから、
晴海ふ頭行きのバスに乗る。

20110521001.jpg
Photo by Ham (iPod touch4)

数寄屋橋の乗り場である。
写真の先には、不二家が見える。


20110521002.jpg
Photo by Ham (iPod touch4)

こちらは、上記の写真の右側の視点。

左側の雑居ビルは、長らくの間、
複数のサラ金の店舗とATMが入っていたけれど、
最近は、もうすっかりと撤退してしまったようだ。

かつて多重債務者だったぼくは、
借りている全てのサラ金会社が、
全てこのビルに入っているため、よく利用していた。

一番上までエレベーターで上がり、
そこから、途中途中の階にあるサラ金ATMで、
返済と借入を繰り返しながら、
階段で下りてくる。

下まで降り切ったら、今月の返済は完了。
利息だけで相当の支払いだった。

なかなか減らない。
減ってきても、取引先が倒産したりして、
売掛金が未収になり、当面の運転資金調達、とかで、
また借入が増えたり。

あの頃、一生、これが続くのだろうか?と思っていた。
バブル崩壊後の、暗い時期の話である。

もうサラ金との付き合いもないので、
こうして、写真を撮ったりしながら、
おお、店舗が無くなっているぞ、とか、
悠長に眺めていられる(笑)


20110521004.jpg
Photo by Ham (iPod touch4)

先ほどの写真(不二家が観えている写真)の
視界の左手には、マリオンがある。

この時は、クレヨンしんちゃんの映画をやっていた(ようだ)。

マリオンも、半分が西武デパートだったけれども、
去年の暮れに閉店してしまい、今度、ルミネが入る予定だそうだ。

マツキヨなんかが出来たあたりから、
銀座も、どんどん変わっていくなあと思っていたけれど、
まだまだ、変化は終わらないらしい。


20110521003.jpg
Photo by Ham (iPod touch4)

これはバス乗り場に設置してある、行き先表示版。

写真では見づらいかもしれないけれど、
次のバスが、今、どこまで来ているか、
そして、終点までかかる予想時間が表示されている。

なかなか、田舎のバス停ではお目にかかれないハイテクです(笑)


20110521005.jpg
Photo by Ham (iPod touch4)

さあ、バスが来た!

みたいな感じで、バスに乗るわけです。
どうでもいいことを、写真付きで書いてますが(笑)


こんな感じで、朝は、頻繁にバスが来るので、
迷わずバスを利用出来るのだけれど、
帰宅時は、時間が遅くなると、本数も減るし使いにくい。

そういうときは、ぐっと気合いを入れて、
月島駅あたりから、地下鉄に乗るか、
或いは、晴海から有楽町まで歩いたりする。

歩いても30分ぐらいなので、
健康を考えると、ちょうどいいぐらいかもしれない。

先日も、体調が良かったので、歩いて帰った。
晴海通り一本なので道も大変にわかりやすい。

勝どき橋を渡り、築地を越え、
とことことことこ、調子よく歩いていたら、
途中、電通の辺りの路上で、
ギターの弾き語りをしている人がいた。

それを横目に見ながら歩いていたせいか、
銀座4丁目の交差点ぐらいで、
鼻歌が出て来た。

出て来た歌は、なぜか、NSPの「便所虫」。

夜の銀座のど真ん中を、
なぜに、便所虫なんだろう?と思いながら、
ステップ軽く、

 蓋を開ければ、便所虫
 すっかり大きくなって
 子供便所虫もぞろぞろ
 はいだして来なさいよ

みたいな歌詞を口ずさみながら、
有楽町駅まで、歩いた。

んー、ぼくも、すっかり東京人になったね!!(意味不明)


Hamのメインブログもよろしく!
地球を救え!プレミアム

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常