--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

iPod touchを購入したばかりの頃、
ぼくは、新しいおもちゃに触れる喜びを感じながら、
パソコンではない世界に広がる、
iTunes Storeの広がりを楽しんでいた。

確か、休日の朝だった。
今思えば、震災前の、幸せな日本の、
ノーテンキな朝だった。

このときのぼくは、何の目的もなく、
試聴だけを繰り返す、冷やかしの客のはず、だったんだが、
ジャズのジャンルをぶらぶらしているとき、
ルパン三世のアルバムの中に、
ぼくにしては衝撃的な曲を見つけてしまったのである。

ラブスコール/Sandra Hohn
--- Youtube部分ですが削除しました ---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Love squall it's my Love
もう逃がさないわ
予告もなくつかまえるの
この愛のスコールで♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

なんか、ピンクのハートが、
夕立の大粒の雨のように降って来て、
思い切り、直撃してるような感じ。
(そして、ぼくは、無抵抗な状態)

恋愛も友情も家族愛のようなものも、
濃いのは、苦手な方なので、
このようなストレートな直球を投げられると、
うわぁ~、と逃げ出したくなる性格なんだけど、
どうも、この曲は、そうでもない。

なんていうか、例外処置的な、
「参りました、降参です。」と言ってしまうような
そんな女性との、両想いな愛が、成立した後のような感覚。
降参だけど、幸せいっぱい、みたいな?(笑)

更に踏み込んでイメージを書くと、
南国のコテージみたいなところの部屋のベッドで、
ぼくは、裸で寝ている。

日焼けした肌が、白いシーツの上で、
少しヒリヒリしており、
その横で、日焼けした、ラブスコールな女性が、
ぼくを撫でながら、ラブスコールしている、みたいな(笑)

意味不明ですね~。


さて、リンクした動画は、Sandra Hohnさんのラブスコール。
こちらは、オリジナルらしい?

で、実は、ぼくが、初めて聴いたラブスコールは、
「クラブ・ジャズ・ディグス・ルパン三世」というアルバムの、
ロザリア・デ・ソーザさんという方が歌っているもの。

初めて聴いたせいもあるんだろうけど、
こっちは、よりボサノバっぽいフランス語(多分)で、
なんか、かっこいいなあと思ってしまう分だけ、
ロザリアさんの方がお気に入り。

iTunes Storeで「ラブスコール」を検索キーワードにすると、
いろんな方のラブスコールがヒットする。

有名なところでは、今井美樹さん。

プレビューで聴いてみると、
さらっとした色気がいい感じです。
いつか、ダウンロードしてしまいそうな予感。

他にもいろんな方の歌うラブスコールを聴けて楽しい ^^

iTunesがパソコンに入ってる方は、
暇な時にでも試してみてください(笑)
もちろん、ぼくのイチオシのロザリアさんのも聴けます。

キーワードは「ラブスコール」。


いろんなラブスコールを聴きながら、
あ、LISAさん(m-floにいた人)に歌って貰ったら、
めっちゃいいかも?と思いました。


Hamのメインブログもよろしく!
地球を救え!プレミアム
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie音楽

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。