--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2011’07.31・Sun

SOUL QUEST ~ MISIA

先週の7/27、
MISIAさんの新譜「SOUL QUEST」が発売された。

その日の仕事帰りも、いつものように、
首にタオル巻いて、だらしなく(笑)、
晴海から有楽町まで歩いたんだけど、
とことこと歩いている最中に、
ちらっとネットで見かけた、
「SOUL QUEST」のことを思い出して、
山野楽器さんに寄ってしまった(笑)

ぼくは、MISIAさんのファンというほど、
いろんな曲を知っているわけではない。

そもそも、(大変に失礼な話だけど)、
この時まで、MISIAさんのCDを、
新品で買ったことがなかった。

アルバムは4枚持っていたけど、
全て中古品か、頂いたものだ。

そんなぼくが、引き寄せられるように、
新譜を買ってしまった理由は、
自分でもよくわからないけれど、
長い年月かけてワインが熟成するように、
ぼくの中で、MISIAさんの音楽の魅力を、
じわじわと理解していったのだと思われる。

最初、MISIAさんの楽曲に触れたとき、
なんか大袈裟な人だなあって思った(笑)
でも、このPVを観た時、結構感動したのです。

多分、この時が、
最初に、MISIAさんを好きになった瞬間。
(つい最近のように思いますが2000年暮れのPV)

MISIA - Everything
--- Youtube部分ですが削除しました ---

PVの中で歌うMISIAさんは、
相変わらず大袈裟な感じだけど、
なんか世界を見守る女神のような感じで、
神々しさがあり素敵。

5分ちょうどぐらいのところで、
大人が子供に変化する場面がある。

そうそう、ここにハマったんだよなあ。

大人になると、毎日繰り返される日常は、
とても平凡だったり、しがらみに囚われたり、
半ば、奴隷のように耐えたりで、
本来の自分を殺して、
当たり前のような顔をして過ごすわけだけど、
時には、誰もが、ふと、立ち止まって、
何かを振り返ったりする。

そんな様子を、
とてもうまく表現しているように思う。

子供の時の心は、
実は、誰もが、ずっと持ち続けている。

子供の時の心は、捨ててしまったのでも、
忘れてしまったのでもなく、
心の奥底に、ひっそりと幽閉されているのだ。

押し入れの奥にしまったまま、
忘れられたアルバムのように。

それを解放する、
女神のMISIAと、その使いの天使
(PVの主人公となっているかわいい女の子)

一斉に、大人たちが、子供に変身して、
みんな、楽しそうに、走り出す。

うわ、泣ける!(笑)


さて、新譜の話ですが、
実は、まだちゃんと聴いてないのです(笑)

というのも、初回限定で付いてきた、
リミックスのCDの方から聴き始めたら、
これが結構ハマっちゃって。

これは、MISIAさんの楽曲、全体的に言えることですが、
いやあ、高品質ですな。


Hamのメインブログもよろしく!
地球を救え!プレミアム
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie音楽

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。