--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

遅ればせながら、線量計を購入した。
以前から、11月に買おうと思っていたのだ。

機種は、ロシアのRD1706である。

当初、iPhoneやiPod touchに付けるタイプを
注文したんだけれど、
納期が1~2カ月ぐらいと聞いて、
来年になってしまうと価値が半減すると、
キャンセルさせてもらった。

そして、急遽、新たに機種選定を行い、
と言っても、買おうと予定していた割には、
いざとなると、どれがいいのか、さっぱりわからず、
予算を念頭に、ネットを観ていたら、
どうも、この機種が大変に良さそうな気がして来て、
購入に踏み切ったのである。

今朝、宅急便で届き、早速自宅内を計測。

初めて測るときは、結構、緊張した。

家の中の線量が、
妙に高かったらどうしよう?とか、
そういう怖さがあったのだ。

結果は、0.1μSV/h前後。

よくネットで出ている、
埼玉の線量とほぼ同じだったので、
とりあえず、一安心?

ベランダや玄関の線量は高いだろうなと思っていたけど、
そうでもないので、ちゃんと測れているか、
なんだか心配になってみたり(笑)

そして、朝ごはんを食べた後、
線量計をもって散歩に出かけた。

最近、よく見掛ける東日本汚染マップによると、
埼玉県は、秩父などの山沿いを除いて、
汚染の度合いが小さかったようだ。

ぼくが住んでいる富士見市というところも、
埼玉の県南部に位置し、地図をみると、
運よく、汚染から逃れてる感じに見える。

それでも、吹きだまりなどは線量は高いだろうし、
他にも、意外に危険な場所もあるのではないか。

そんなことを考えながら、
ふじみ野駅という東武線の駅を中心に、
公園や神社など、数か所を計測してみた。

・榛名神社
・東武線ふじみ野駅東口
・東武線ふじみ野駅西口
・勝瀬原記念公園
・西ノ原中央公園(5号公園)
・ブックオフ前

公園は、入り口や吹きだまりのところ、
神社も、境内のあちこち、測ってみる。

これは神社の境内の写真 かなりピンボケ(すごく綺麗でした。)
IMG_0998.jpg
Photo by Ham (iPod touch)


今日のぼくの測り方では、
あまり信頼性がないかもしれないので、
場所ごとの数値の掲載はやめておくけれど、
だいたい、0.1~0.2μSV/h。

落ち葉の多いところでは、
最高で0.26μSV/hの数値だった。

ネット上をみると、この線量計、
0.1μSV/h以下は誤差の範疇であると
書いてあったりするので、
これぐらいの数値だと、数値そのものより、
ここは、あそこよりも高い、みたいな、
おおよその目安で観た方が良いのかもしれない。

それでも、世間一般に言われている、
吹きだまりは高線量、というのは、
確かな傾向として現れていた。

ふじみ野駅東口にて(計測値途中の画像、この後数値下がる)
IMG_1050.jpg
Photo by Ham (iPodtouch)


しばらくは、数値のクセのようなものを実感し、
それから、本格的?に測ってみようと思う。

ちなみに、今、部屋の中では、
0.06~0.09μSV/hを表示している。

ゆるやかではあるが、ブレがあるのだ。
このブレは、何を意味しているのか、
誤差として、常につきまとうものなのか、
今のぼくにはわからない。

あ、0.10μSV/hになった(笑)

前も書いたかもしれないけれど、
都内では、今、仕事場がある東京駅近辺から、
白山通り、春日通り沿いを、
帰り道ついでに、計測してみようと思っている。


ちなみに、0.1μSV/hぐらいなら、
とりあえず、仕方ないなあと思えるけど、
やっぱり、0.2μSV/hを超えると、
ちょっとなあ、と思います。

そして、原発から出た放射性物質は、
本当に、東日本一帯を、
広く浅く、場所によっては濃厚に、
満遍なく汚染したのだなと、
今日は、実感出来た気がしました。

この放射性物質について、
東京電力は、自分たちのものではないから、
除染等の責任は持てないと主張し、
その主張を裁判所も認めた、という記事を読んだ。
(ツイッター伝えで)

どこから、こういう主張が出て、
どういう理由で司法がそれを認めるのか、
信じがたい気持ちでいっぱいだ。

東電のわがままを、
裁判所が認め、
民間が泣き寝入りする社会。

これって、どうなんだろう?


Hamのメインブログもよろしく!
地球を救え!プレミアム
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。