--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

桜が咲く直前の雨の4月。

ぼくは、東北の、ある地方都市の、
コンサートや、催事が行えるような、
多目的ホールの駐車場にいた。

あのときのぼくは、車の中で、
運転席に座り、ぼんやりと、
フロントガラスを踊る雨粒をみていた。

天からまっすぐ降りて来た雨粒は、
フロントガラスに命中した後、
一旦はじけて、水滴になり、
それから、他の水滴と結合し、
大きな粒に成長して、流れ落ちていく。

rain.jpg

他にすることもなく、
生き物のようなその動きを、
ただ、眺めていた。

少しだけ、窓を開けると、
ひんやりとした空気とともに、
冬と春と雨が、混じった匂いがした。


時間は、お昼過ぎ。

建物の中にある喫茶店から、
ランチを食べ終わったOLたちが、
色とりどりの傘をさして、
はしゃぎながら、
ぼくの車の前を通っていく。

彼女たちの笑顔は、
ぼくの中で、緊張しながら、
じっとしながら出番を待つ、
何かのエネルギーを刺激し、
はやる心を煽っているようだ。


ぼくは、彼女を待っているのだった。

10代の頃に知り合い、
お互い、一目ぼれのような恋に堕ち、
付き合い始め、愛し合い、
そして、あっけなく終わった。

ぼくが、フラれたのだった。

それから、15年以上の年月を経て、
ひょんなことから、再会することになり、
こうして、ぼくは、
待ち合わせ場所にいるのだった。

既に、お互い、家庭を持ち、
大きい子供もいて、しかも、
一回終わっている恋なのだから、
どうにかなるもんじゃないはずだけど、
過去に経験した様々なメモリーが、
心の奥底から、ここぞとばかりに溢れ出し、
当時の時空を再現してしまう。

ぼくは、あの頃の気持ちに、
戻ってしまっているような気になり、
少し、後悔したことを覚えている。

・・・ヤバイ、
また、好きになっちゃったら、
どうしよう。。。


あのときは、そんな気持ちに翻弄されながら、
早春の雨の日に、彼女を待っていたのだったな、と、
今日、なぜか、風呂に入ろうと、
服を脱いでいるときに思い出した。

なぜ、その時空の、その光景を思い出したのか、
自分でもよくわからないけれど、
もしかすると、それは、
昨日から今日にかけての気温の変化に、
春の予感を感じたから、かもしれない。


ところで、話の途中で、
急に現実に戻って来てしまったので、
後の展開はナゾになってるけれど、
このとき、待ち合わせ場所に、
彼女は来てくれたでしょうか?

それは、ひみつ(笑)


なーんてね、ちゃんと来てくれたよ!!

とても、嬉しくて、
舞い上がったことを覚えている。

でも、舞い上がった分だけ、
その後、切ない思いもするんだよね(笑)

そして、この経験を経て、
ぼくは、偉大な気付きをしてしまうのです。

まあ、この話は、またいつか。

 #もうかなり前の話であり、
 #まだスピな気付きの前の話なので、
 #倫理に欠く男だ!とのクレームは、
 #お断りします(笑)

Hamのメインブログもよろしく!
地球を救え!プレミアム
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie追憶

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。