FC2ブログ
食生活のコントロールというものは、
なかなか難しいものだ。

ついつい、食べたいものばかり
食べてしまったり、
ついつい、夜中に食べて、
そのまま寝てしまったり。

しかも、最近は、
汚染された食物が、
あちこちで売られているので、
買い物も一苦労だ。

こんなことを書くと、
風評被害を招くと言われそうだが、
実際、汚染されているものもあるのだから、
買うときは必死である。

メニューを決めて、
スーパーに材料を仕入れに、
買い物に行っていたのが、
最近では、安全と思われる産地の
食材を買い込んだ後、
その食材で出来る料理を
決めている感じ。

ちゃんと測定して、売ってくれたら、
少しぐらい高価でも購入するのに、
と、思っている人は少なくないはずだ。

あ、話がずれた!
今日は、汚染食材の話ではない。

食べること(食べ過ぎ)についての話だ。


まあ、そんなわけで、
(どんなわけだ?(笑))
何をどのように食べるか、
結構、難しいものだ、と思うんだが、

身体が欲するものを
食べるのが一番です。

と言いながら、
がんがん食べている人もいる。


ぼくは、この考え方には、
反対するわけではないし、
一理あると思っているけれど、

ちょっとだけ、
ぼくなりに、注意点を、
書いておきたくなった。

えーとね、身体が欲するものって、
意外に、自分ではわからないのですよ。

食べたい、と思ったものが、
身体が欲するもの、と思ったら、
これは、そういう場合もあるけれど、
大間違いの場合も、ある。

もしも、大間違いの場合、
その食べ方は、命取りになるかも?


食べたいと思ったものは、
確かに、あなたの身体が
欲しているものもあるけれど、
いつのまにか、習慣になってしまい、
食べたいと錯覚しているものもある。

例えば、毎日、寝る前に、
ラーメンを食べていると、
そのうち、
寝る前にラーメンを食べないと、
お腹が空いて眠れなくなる。

ラーメンが嫌いな人には、
あまり良い例えではないけれど、
ラーメンが好きな人は、
この例えは、うなづけるはず。

これは、理性や知識で、
「寝る前に、ラーメンを食べたら、
身体には良くない。」
ということがわかるけれど、
そうではなく、普段の食事のとき、
習慣になってしまっているものは、
無意識のうちに、
或いは、意識的に、
ついつい、多めに取ってしまう。

身体が求めているのだから、
必要なものなのだ、と言いながら、
取り過ぎてしまう。

人間という生き物は、
習慣になってしまうと、
麻痺するし、そこに安住する。

そういう生き物だ。

これは、禁煙した人には、
よくわかると思う。

禁煙は、ニコチン中毒からの
脱出だけではない。

というより、ほとんどの人は、
ニコチン中毒にはなっておらず、
ずっとして来た行動、
つまり、慣れ親しんだ習慣からの脱出が、
禁煙を続けるための、
最大の課題なのではないか、と思う。

ぼくの場合、
夜中のラーメンも、
充実したときのタバコも、
どっちも経験しており、
その至福な感覚も、覚えている。

あの感覚を味わいたく、
夜中にラーメンを食べ、
何かするたびにタバコを吸っていたのだ。

今でも、あの感覚を、
味わいたいなあと思う。

でも、これは、身体が欲しているのではなく、
自分の中にある、思考が、
身体を誘惑しているだけなのである。

毎日、同じものを食べたいって思う人は、
自分が、習慣で食生活を続けていないか、
チェックすると、健康管理になると思う。

あ、メインブログのようになってしまった!

いや、最近、禁煙もしたし、断食もするしで、
昔の悪癖を思い出しながら、
どこに問題があったか、
はっきりと目に見えるようになって来たので、
これは、世間に広めなくては、と思ってる次第で。

余計なお世話であれば、
どうか、ご勘弁を!

Hamのメインブログもよろしく!
地球を救え!プレミアム

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日常